CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
ロンリープラネットの自由旅行ガイド「バリ島&ロンボク」
ロンリープラネットの自由旅行ガイド「バリ島&ロンボク」 (JUGEMレビュー »)
Ryan Ver Berkmosほか
ロンボク情報はこれにしかない。
RECOMMEND
地球の歩き方 ガイドブック D21 ベトナム
地球の歩き方 ガイドブック D21 ベトナム (JUGEMレビュー »)
ダイヤモンド社, 地球の歩き方編集室
RECOMMEND
RECOMMEND
RAKUTEN
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
まとめ ドバイショック

ドバイショック

...ドバイショック」発生。「リーマンショック」に続く、金融危機第2弾のきっかけになるのだろうか。 YOMIURI ONLINE - 「ドバイ・ショック」円高・株安のきっかけ(2009年11月27日23時49分) http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091127-OYT1T01248.htm 猛烈な勢いで発展を続けたドバイ=奥西義和撮影<「ドバイ・ショック」は、ドバイ首長国が25日に発表した政府系の投資持ち株会社ドバイ・ワールドと、その不動産子会社のナヒールの債務返済の一時凍結要請が発端だ。地元メディアによると、ドバイ・ワールドの負債総額は約600億ドル(約5兆円)。債務不履行の懸念が強まり、他の新興国企業の資金繰りにも不安感が一気に広が...

Zopeジャンキー日記 - 1:38 (11 時間前)

金融取引「損益通算」の範囲拡大の検討を見送るらしい

...ドバイショックでますますリスク投資から資金が逃げつつあるのに、さらに逃避が続くなあ。円高で日経平均はさらに下がるだろうしなあ。短期のデイトレーダーとかも株式からどんどんFXとかに流れていっているし。FXなんぞは、なぜか取引所FXの「くりっく365」とかだけ分離課税になっとるし。本当、おかしな話が多いなあ。スパコン問題については、金融日記がさらに詳しい話を書いてくれている。必読。スーパーコンピュータと核兵器と私あとはおまけ。「ウィルコム支援にソフトバンク名乗り」報道そんな金あるんだったらさっさと電波状況良くしろよ、と言いたい>ソフトバンク。そういや、やっとゴルフ本出ました。ホリエモンが目覚めた“頭を使う”ゴルフposted with amazlet at 09.11.27堀江 貴文 財界...

六本木で働いていた元社長のアメブロ - 5:11 (7 時間前)

ドバイ・ショック!(通貨危機は、ドバイから?)

「通貨危機は、ドバイから?」 貞子まぐプレ臨時増刊号の補足です。 貞子まぐプレで、この秋から、どこの国から通貨危機が起きても不思議ではないけど、おそらく、それ(通貨危機)は、辺境の小さな国から起きて、やがては大国へと広がって行くことになると思うと、記していましたが、 今回の世界同時の大不況は、通貨危機はドバイから訪れるかも知れません。 詳しくは、  ↓ ドバイ政府系企業の債務問題で、欧州市場に動揺。 http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-12654220091126 ドバイが債務問題めぐ...

貞子ちゃんの連れ連れ日記 - 2009/11/27 (昨日)

2009年11月27日(金曜日) ドバイ・ショック

 (10:56)株や為替の市場が大荒れになっている。背景は、「アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国政府が25日、政府系持ち株会社ドバイワールドと、傘下の不動産開発会社ナキールが抱えるすべての債務の支払いを猶予してもらうよう債権者に要請する」と発表したこと。昨日のFTの一面トップだった。 ドバイワールドもナキールもNHKのドバイ特集番組(「沸騰都市」)などで聞いたことのある会社の名前ですが、ドバイワールドの債務はナキール分を含め総額590億ドル(約5兆1000億円)に上る。この結果、ドバイの支払い能力への国際的な懸念が一気に高まる形となった。 この情報に起因する市場混乱の拡大には、一つは情報の発信地である中東でも休みの所が多く、むろんアメリカも感謝祭休日で全般的に商いが薄いと...

YCASTER2.0 - 2009/11/27 (15 時間前)

ドバイ・ショックは限定的

ドバイ・ショックがヨーロッパに走った。アラビア湾岸の小さな国の不動産、港湾関連企業のドバイワールドの資金繰りの行き詰まりだ。期限が12月末にくる35億ドルの債券とシンジケート・ローンの返済の延期を求め...

足立 真一のTriton Blog - 2009/11/27 (昨日)

ドバイショック

...ドバイショック」の連呼で目が覚めた。 [追記]▼ドバイの影響懸念で英HSBCとスタンダード銀の株価下落(ブルームバーグ)HSBCの株価は、香港時間午前10時13分(日本時間同11時 13分)現在、6%安の88.50香港ドルと、過去8カ月余りで最大の下げとなっている。利益の大部分を新興市場で上げているスタンダードチャータード銀は、6%安の190.80香港ドル。 日経平均も300円以上の下げ9100円割れ。 ■日経平均株価:9081円(前日9383円) ■ユーロ/ドル(StockChart) 6か月の返済猶予要請で、ドバイ向けの債権を大量に保有するヨーロッパの銀行(ユーロ)に不安が広がり売られた模様。そういえばベッカムが購入した事で有名な、ナキール社が手掛けたパームジュメ...

世界四季報 - 2009/11/27 (18 時間前)

踏み上げさんと春山さんは”ドバイショック”使ってないらしくRSSリーダー内の検索にひっかからない。以下”ドバイ”でひっかかったもの。

週末の定点観測 : 日本株  まさか、マサカの9000円

...ドバイ、ドバイと久しぶりに騒がれ、関連銘柄は暴落(左:鹿島 ▼14.3%、右:大林組 ▼8.68%)ものすごい出来高を伴ってドスンと下がった。普通はここで一旦は底になるが・・・鹿島にしても大林にしても、ドバイなどの工事関係の悪材料を織り込みながら、昨年春からズルズルと下げ続けていたわけで、今日の下げは猛烈な出来高を伴っていたので、赤玉が出たというチャートの形をしている。今週は大幅に下落しました。下げ止まり感を感じさせない下げが続きました。全てのセクターが一網打尽になりました。任天堂も節目の22000円を底抜けして新安値をつけました。初日に買わなかったDSiLLを昨日見に行ったら完売だった。やはり見つけたときに買わないとダメですね。ユニクロは円高恩恵銘柄なので高止まりしています。Jリート...

おかねのこねた : 豊かで、健康で、活動的な、人生のために (春山昇華) - 2009/11/27 (13 時間前)

ベッカムやブラピが一夜にしてオケラになった訳じゃない

...ドバイの「ザ・パーム」にはもう有名人が沢山入っています。世の中には浜辺の砂のようにお金持ちは無尽蔵に居ます。だからジュメイラがやらないといけないことはサービスの質を落とさず、セレブを満足させ続ける事です。それさえやっておけばOne of a kind(世界にひとつしかないよう)な物件は必ず成功します。今回のようなことが起こるとドバイ・ワールドの所有する物件のコラテラル・バリューをすぐ「ゼロ」と考えるような極論が闊歩しますけど、もともと支払い能力ゼロのサブプライムの借り手に頭金ナシ、初年度利払いナシでローンを提供したのとはわけが違うのです。

外国株ひろば (米国株、欧州株、シリコン・バレー、ウォール街) - 1:12 (11 時間前)

来ましたね。

...ドバイが波乱元ですか。 今月の投資資金を投入するチャンスと見ています。 今回は単なる株式市場の波乱だけではなく、急激な円高(最近では当たり前のドル安ではなく)もセットになって訪れましたので、あっという間に海外資産の買い好機を迎えたと認識しています。 それはそうと、最近ずっと進行していた新興国通貨の強さも、瞬間的に逆流している感じですね。最近売れ筋の実質ブラジルレアル建て投信等についても、最初の試練ですかね。 単純な興味本位ですが、当該市場がどんな展開を見せるかも楽しみです。

VMaxの投資のブログ - 2009/11/27 (18 時間前)

犠牲祭の犠牲になるのは誰か?

...ドバイ政府が政府系ディベロッパー・ドバイワールドの債務弁済を早くても来年5月30日まで待って欲しいと要請したニュースは、情報不足の中世界の金融市場を震撼させ全面的な株安を招いた。 情報不足の理由の一つは一週間前にドバイの首長マクトム氏が「ドバイは現在と将来の債務弁済に備えて直ぐに資金調達する」と安心させていたからだ。 少し古い1ヶ月前のエコノミスト誌の記事を見ると10月21日発行された目論見書によるとドバイ政府は40億ドルの債券発行と25億ドルのイスラム債を発行する予定と述べられていた。なお記事によるとそれまで投資家は「ドバイ政府は資産売却か銀行借り入れのロールオーバー(借換)で資金繰りを付け、新規の起債は行わない」と予想していた。 これらの話から推測すれば、ドバイは「不動産を売...

金融そして時々山 - 2009/11/27 (19 時間前)

まだありますが、このあたりで。

| - | 12:33 | comments(30) | trackbacks(0) |
英語について
 英語が苦手だと損する身近な証拠〜ビートルズBOXセットに見るアマゾンの内外価格差
というエントリーをTabata Shintaroさんがあげてます。

英語ができないと損するよ。という実例をあげて・・・・・
そこから話がはじまる、Tabata さんの話はいつもわかりやすいですね。

アジアにいくと、観光地の人々は、観光客相手が主要たる収入源となったりしますから、
英語力=利益に直結する。お金持ち外国人相手に英語で商売するだけで、普通の商品が定価の1,5倍とか2倍で売れたりしますから、これは必須なスキルなわけです。

日本人が英語を使わないのは、国内にいるかぎり、全然メリットが無かったからですよね。

日本国内でもお金に直結するとなれば、どんどん英語を普通に話す人が増えるかもしれません。
義務教育で下手に英語学習時間を増やすよりも、このことを宣伝する方が有効かもw。
小学生や中学生にとったら、内外価格差で1万円弱も違うとなれば大事ですよ!!これは。
小中学生がAMAZONで何を買うかはわかりませんけど。

旅行の話し。
日本語の旅行ガイドに載ってない地域を旅するとなると、英語情報のみが頼りです。
旅行社の人なんかは自分が扱ってる商品以外はあまり知りません。
結局、欧米の旅行者に聞きまくるワケです。最近は自由旅行をする日本人旅行者も少ないですしね。

私はあまり他人に聞かないタイプですけど。

外国人と一緒のツアーとかバスで乗り合わせて、気軽に会話交わせたらとは思いますね。
このシチュエーションは、本当に多い。

貧乏旅行の昔は、宿代を浮かせるために。外人と一緒に部屋をシェアなんて普通にしてましたが。
あの頃のほうが英語できたのなあ。最近はねえ。ひとりがいいですよ。

あと、(日本の)旅行社のオプショナルツアー。
まったく同じ行程でも現地手配(ホテルとかの)の英語ガイドのツアーだと激安ですね。
これはほんとに損だなあ、思います。

 私は、もちろん、気にせず、けっこう、安いツアーに参加するのですが、ガイドの解説(歴史の話しとかになると)はほとんどわからないものね。







| - | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
GILI MENO( ロンボク ギリメノ)旅行情報 4 iphone活用
JUGEMテーマ:旅行

バリ島にいるときにwifiでネット検索して画面を保存。
ギリメノ島ではこんな地図を持ち歩いていましたよw

実用情報になるように補足すると
Good Heartの左横の赤丸がゲッコーホテル。

地図には書かれてませんが
Meno Lakeの右岸に沿って島を横切るとダイアナカフェ。
(前述のゲッコーホテルの左=西になる)
夕日が綺麗に見えるカフェ。
ハンモックに揺られて見る夕日は最高です。

船が着くのはRoyal Reaf とNatiolusの間の海岸。



実は、iPhoneで一番重宝したのが、コンパス機能だったりします。
島の中を散歩してると目印がなくて結構迷うのですよね。

夕日を見るために島を横切っている(ビーチ沿いに歩くと遠い)と必ず迷いますので。

GILIMENOにはネットカフェ(Meno Bird Parkの向かいある)がありますが
wifiが使えるかは不明。
ちなみにGILI AIRにはwifiの使えるネットカフェがある。
高級ホテルも多い、GILI TRAWANGANには、たぶんあるだろう。


ローテーブル ロンボク 丸板【0910_日替わり365】


ロンボク 7段チェスト [H.80cm]【0910_日替わり365】


| - | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
GILI MENO( ロンボク ギリメノ)旅行情報 3 ガイドブック
 JUGEMテーマ:旅行

GIRI MENOに行ってみようと思ったのは、只の思いつき。

MENOに午後7時くらいに着いた、ホテルも予約していない。
さあ、どうしようか。
一緒に船から降りた、スロベニア人のバックパッカー男女も、どうも、これから宿探しらしい。
「ホテルとってないの?」
「一緒に探しましょう」は
と話しが進んで
「三つある中で、どうしてこの島を選んだの?」
と聞かれて思わず
「・・・・・・・・・・・」となってしまったくらい情報がない。
実際、何も考えてなかったですから、ただの思いつきだったので。

個人旅行

 ちなみに当初ガイドブックは「個人旅行 バリ」を買って持っていった。
というのも、もともと、バリ島しか滞在する予定がなかったから。

 ちなみに個人旅行に載ってるGIRI MENO情報はこれだけ。
「隣のメノは一番静かで何もしない休日に最適」

以上。ホテル情報も無し。



対して
「地球の歩き方 バリ」の読者の投稿欄には体験記が載っていて、
・・・まさにギリギリ生活、みたいな設備が整っていないことを書いた情報でした・・・・

ホテルもカサブランカホテルが載っていた気がする。
それでも情報量は少ない。

ロンリープラネット

結局ガイドブックを「ロンリープラネット」にしなかったのを悔やみましたね。
20年前にバリ島に来たときもガイドブックを持っていなくて「ロンリープラネット」の英語版を買ったなあ。そういえば。
 実はバリ島のAMEDのホテルでオーナーに「ロンリープラネット」を借りて一応読んだ。それでギリへの行こうとはっきり決めたわけです。実に
いい加減だ。

 とういうわけで、ツアー旅行じゃなければ、ガイドブックは絶対「ロンリープラネット」です。地域カバー・情報量が違います。「歩き方」も「個人旅行」も買い物・レストラン重視だし、地域も偏ってますよ。クタやウブド以外の東海岸とか北部とか西海岸とか面白そうなのに情報が少なすぎ。

 ロンリープラネットはバイクのレンタルの話しや、ゲイの観光客向けへのアドバイス、子連れの観光客向け、など対象が広いですね。


| - | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
GILI MENO ( ロンボク ギリメノ)旅行情報 2 ホテル
JUGEMテーマ:旅行
ホテル

ギリメノのホテルは中級が多いらしい。



日本人がオーナーだというカサブランカホテル

ネット上の写真ではプールがあって綺麗なんだけど。
 夜の8時頃ついた。ビーチサイドではないので、それほど人気があるわけでもないらしい。予約なしで余裕で泊まれた。
 2泊した。ペンキがはげてたり、ドアノブが壊れていたりと手入れが行き届いていない感じだった。
安い部屋にしか泊まってないので何とも言えないが。プールサイドに湿気でふやけた日本の本が積まれている。
高い部屋ならいいのかな?

250,000RP(エアコン無し・海水シャワー)〜400,000RP(エアコン付き)

海岸沿い、コテージタイプ・エアコン無し・水シャワーの部屋で400,000RP〜
エアコン・ホットシャワー付きとなると100USDくらい。

街の中心であるHARBORから外れると海岸沿いでも若干安くなる300,000RP。
また、内陸に100mくらい入るともう少し安い。200,000〜250,000RP。



海外沿いのコテージ。欧米人が長期滞在していた。


安い部屋はトイレ・シャワーは期待してはいけない。
キャンプ場・海水浴場レベルと考えておいた方がいい。
海水シャワーの宿もある。


300,000RP〜

40ドルから上の中級ホテル・コテージはネットでも予約できるが、
ハイシーズンは予約で埋まっていて取りにくいようだ。



後半2泊したホテル。

ホテルの予約ができるサイト。
http://www.lombok-network.com/gili_islands/meno.htm

8月はハイシーズンの料金になる。オフは5万〜10万RPは安いんじゃないだろうか。
| - | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
GILI MENO (ロンボク ギリメノ)旅行情報 1 アクセス
JUGEMテーマ:旅行


 ロンボク島のギリメノGILI MENOに行ってきた。




GILIは小島という意味なので。つまりはメノ島。
TRAWANGAN ,MENO,AIRとならぶギリ3島の真ん中の島。
人口が一番少ない。

記事中の金額は2009年8月現在。旅行社によって違うことがある。

アクセス

私のとったコース及び料金は

 日本→シンガポール→バリ→ギリ→バリ→シンガポール→日本

 日本・シンガポール往復はユナイテッドエアラインで40000円くらい。
 シンガポール・バリ間はジェットスターで片道10000円くらい。
                        (飛ぶ日によって全然違う。)
 (JETSTARのサイト http://www.jetstar.com/jp/ja/index.aspx

 バリ・ロンボク(ギリメノ) スローボート3000円くらい(PRAMA社)。
 帰りは2000円くらい(ローカルボート使用)


 飛行機

ロンボクのマタラムの空港まではインドネシア国内線のバリ経由の便数が多い。
国際線もある(シンガポール航空など)。

国内線バリ・マタラム間のメルパチ航空は日本にも窓口があり、
日本語で予約が取れるらしい。(出会った人が言ってました)

ネット上でもとれる。メルパチ航空のサイトはここ。
http://www.merpati.co.id/en/default.aspx
片道310,000RP(3100円)程度。
ガルーダインドネシア航空ならもっと高いと思う。

マタラムからは旅行会社のバス等々を使って。
ギリ3島へのパブリックボートがでているバンサル港へ向かう。
75000RP〜。旅行社によって微妙に違う。

バンサル港から各島には
ギリアイル     8,000RP
ギリメノ       9,000RP
ギリトラワンガン 10,000RP

このローカルボートは外国人と見て20,000RPとふっかけられることがある。
(前述の旅行中に知り合った人談)

ツアーバスの発着する港のゲー付近から実際の船着き場までは少し距離がある。
歩いて5分くらい。一本道なので迷う心配はない。

とにかくバンサル港付近の人々は観光客とみれば、
荷物をさっさともって、船に積み込み、ポーター代を請求。とか。とか。
このごく短い距離をトランスポートと称して車や馬車を奨めるなどの、ちょっと面倒なところのようです。

空港から島までの交通費は100,000RPとみておけばいいと思う。

船着き場(HARBOR)にはってある。価格表↓


ISLAND HOPPINGとあるのは各島をボートが行き来しているのだ。
便が午前・午後と一度づつあるので、日帰りで望みの島に遊びにいくことができる。

 フェリー

  • スローボート(パブリックボート使用200,000RPから・PURAMA社300,000RP)
  • スピードボート(600,000RPから660,000RP)

バリからロンボクへ 船

 船はバリ島のパタンバイの港から出ている。
UBUDなどの各地からのツアーもバタンバイを経由するツアーだ。

 他にはAMEDから出ているスピードボード(1HOUR)
 空港に近いべノア港発着(blue Water Express 2HOURS)
がある。

パブリックボート使用(ツアーで価格の安いモノ。200,000RP〜。)
 バタンバイ 8:00出発。ロンボクにつき、車に乗り換える。
途中、バスに乗り換え、空港からのアクセスと同じコースになる。
島に到着、午後3時ごろ。

ツアーとはいえ、あちこちのツアー会社が相互乗り入れしてるらしい
(つまりポイントポイントで行き先別に分岐したり、合流したり)
なので、
フェリーからバスなど、違う交通機関に乗り換える時には行き先を間違えないように注意。

PURAMA社のボート使用 (300,000RP〜)
 バタンバイ 1:30出発。直接島に到着。午後6時頃。海の状況により+1〜2時間。
私は行きにこのボートだったため、到着したのは夜だった。
このツアーは迷子になることはない。
船はそう大きくないので船酔いになりやすい。

価格表↓
ギリメノからロンボク各地・バリ島へ。逆コースも値段はほぼ同じ。
スピードボートは2日前には予約したほうがいいとか。

私が聞いたところでは
1人利用だと割り増し10%。
1,000,000RP以上でカード払い可(手数料3%)



<Price は全て2009/08です>

| - | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソクチャンのお寺にお参りでしょう
ソクチャンのランドマークは郵便局で、夜になるとライトアップされて赤や緑で縁取られるのだけど、ベトナム人ならデップテーとかデップクワーとかデップラムとか、なんとか声を上げたいところ。が、あいにく私は日本人であるので黙って散歩する。お昼にはすっかりお寺巡りをしてきたわけで、あとはすることがない、というのがベトナムの田舎のいいところなんだけど。たいくつといえばたいくつ。というわけで夜の徘徊でした。
で、昼間のお寺の話しに戻るとソクチャンで一番有名なお寺といえばコウモリ寺。クメール様式のお寺も多いのだが、みるかぎりコウモリ寺は仏教系。手を合わせて、お参りのジェスチャー。手を広げて羽をバタバタするジェスチャー。この二つで誰でもがコウモリ寺だとわかってくれるくらいコウモリ寺は有名。早い話がそういうふうにしてバイクタクシーの運転手を雇ったわけです。コウモリのベトナム語がでてこなかったということでもあるけど・・・。コウモリの写真はこれ。昼間はぶら下がっているだけで、起き出すまで。ずーと下で待っていなければいけませんでしたね。


・・・実は私の目当ては。


じゃじゃじゃじゃーん、(ブリスベン暮らしのKYOさん風に)

ぶたさんでした。

コウモリ寺の裏にある4本指のぶたのお墓で、ギャンブルに霊験あらたかだそうです。早速、お参りでしょう。

| - | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
なにもないのかケサックを通り過ぎる
あちこちの船着き場で、客を降ろしていったので、客は3名になっている。船賃の集金をしていた若者が、「船は1時に戻ってくるよ」と教えてくれる。ケサックは数時間の滞在で十分な街らしい。外国人が泊まる宿もないのだろう。「ソクチャンに行きたいんだ。バスはある?」と訊ねると、「バイクタクシー(XE OM)だけだよ。」との返事。「ソクチャンまで、いくらかかる?」「3万ドン。ベトナム人ならね」。約2ドル。こういうのだけはすらすらベトナム語でできるのはいつも不思議。船着き場に近づくと、若者は、ボートの舳先に出て、大きな声で、何か叫ぶ。すると、2台のバイクが船着き場に現れて、我々を待っている。バイクタクシーを呼んでくれたらしい。バイクのオヤジ達は、船の乗客目当てに、船着き場周辺でぶらぶらしているんだろう。若者がバイクのオヤジたちに値段を念押ししてくれてるようだ。そのまま、我々2人は、バイクの後ろにのって、ケサックの街を一歩も歩くこともなく通り過ぎていくことになる。なにも見るモノないんでしょうね。というか、なにもない街をふらふらするのも楽しみの一つなのだが、これが理解されることはすくない。前川健一だったかもそんなことを書いていたね。で、さっさと外国人観光客はホテルか観光地に向かって運び込まれてしまうというわけで。ケサックの街をあっというまに通り過ぎ、バイクに揺られて小一時間、水路に沿って走る。沿線で結婚式を2軒みる。カントーでもみかけた。日柄がいいのか。たんなる農閑期なのか。道はいい。バイクは好調に走るが、事故が怖いので、じつのところ、ゆっくり走って欲しいものだ。1号線にでるまで車はほとんどみなかった。やはり、ケサックはそうとう田舎なのだろう。
| - | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
たまには普通の旅行記にしたりする
たまには普通の旅行記風にしたりする。いいかげんに書くコンセプトだからね。ケサック(KE SACH行)きのボートの座席は6割くらいの埋まり具合だった。観光客は我々二人以外にはいない。ほかの客は都会のカントーに買いだしにきたというふうだ。前に座っている親娘はクリアファイルに挟まったカルテみたいなものをみている。検査をうけに病院にきたのかもしれない。KE SACHでくらす人は、なにをするにも、カントーにこなければいけないのだろう。KE SACHがどんな街か私は知らない。KE SACHのあるソクチャン省の、メコン川を挟んでの対岸はTRA VINH省だ。ガイドブックによればマルグリット・デュラス原作の映画ラマンの舞台になったという。TRA VINH省のTRA CUという街へも船がでている。TRA CUはどんな街なのだろうか。ラマンの舞台とは主人公の親が騙されて買った土地の場面のことなのだろう。買った土地は満潮になると沈没してしまう。作物も作れない土地を買ったために、主人公の家は生活に困ってしまう。そして、主人公は中華街に住む華僑の金持ちの青年の愛人となる。そんな映画がヒットした。1990年代だ。それで中華街のチョロンが観光スポットとしてクローズアップされたように記憶している。主人公が通っていた、寄宿舎のあるミッションスクールもちょっと有名になった。その学校をラマン学園と呼んで見に行く日本人さえいた。しかし、このTRA VINH省が紹介されたことはなかったように思われる。ベトナム側としては、「騙した土地」なていうのは外聞がわるいのだろう。10年ほど前に、某日本企業が土地使用権を買ったら、そこは海面で、埋め立てて使ってくれ、と行政からいわれた、なんていうことがあったらしい。私は密かにラマン事件と呼んでいたのだが。とにかくロンリープラネットには映画ラマンのことが書いてある。そんなことを書かなければならないほど何もない省だということかもしれない。メコンデルタの観光スポットは寺にいくかバードウオッチングでもするか、ということぐらいしかない。あとは河しかない。メコン河しかない。メコン河を水飛沫を上げてボートは進む。水飛沫が船内に入り込むので係りの少年が入り口の戸を閉める。今日は風が強いのだろう。河だから波が高いということはあるまい。ボートはまっすぐKE SACHに進むかと思ったのだが、メコン川を右岸へ左岸へとジグザグに客を降ろしていく、こんなところに街があるのだろうか?というような、そっけない小さな桟橋に客を降ろしていく。ラマンの親が買わされたような水浸しで地面がみえない林に桟橋だけが延びている。人影は見えない。なんていう地名だろう。こんなところにも泊まれる宿はあるだろうか?アクセスは船だけなのか?道路はあるのだろうか?メコン河、河なのだが干満がある。そういえば一昨夜、カントーの街にはいる手前のフェリー乗り場へ向かう通路の、欄干の下で、釣りをしている男が二人いた。ツアーで一緒だった外国人がこの河は「塩水なのだろうか、真水なのだろうか?」などと話をしていた。私はベトナム語で「何が連れるんだい。淡水魚かい?海水魚かい?」と欄干の男に聞いてみた。私のベトナム語がわかったのかわからないのか、「何もつれないよ!」と一言だったので、河が塩水なのかどうかはわからずじまいだ。
| - | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケサック行きでお参りでしょう
明日、ソクチャンに行く。そう言ったら、私はソクチャン出身だから知ってるけどあそこは何もないよ、とゲストハウスのオーナーの女性が言う。けれど、ソクチャンを目指すのです。バスで行ってもつまらないので、ボートで行く。今回は船重視というコンセプトなので、メコン川を下っていく。朝食前に船着き場に行って、行き先の地名と時刻をチェックする。本屋で買ったばかりの地図帳で、ホテルの部屋で寝転がって、地名を確認。そうして検討した結果は。こういう予定を立てる時が一番楽しいのだけれど、で、その結果では、ダイガイ行きの高速ボートに乗って、バスか何かでソクチャンを目指すことができそうだということ。だいたい、誰も、わざわざボートで、ソクチャンに行こうなんて思ってないので、ガイドブックには全く記述がない、そこのところが、旅行ゴコロ、というのがあればですが、そのココロをくすぐるのだけど。で、とにかく、ダイガイ行きのボートに乗ろうと決定した。朝ご飯を済ませて、乗り場に行ってみれば、ダイガイ行きはない。切符売り場の係員が「午後」と言ってる。たぶん便数が減ったのだろう。そのまま船着き場にいってソクチャンに行きたいというと、ケサック行きのこのボートに乗りなさいと、親切に英語で教えてくれたのが船着き場の係員。たいてい英語が話したいんだなと思ったけど。でも親切。不安は少しあったけど。ほんとにソクチャンに着くの?ベトナム人は、はやとちりと、おもいこみ、ということが多々あるからなあ。船にはいると祭壇が。天井が焦げてるがちゃんと消化器も装備。お参りでしょう。

| - | 00:04 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/3PAGES | >>