CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
ロンリープラネットの自由旅行ガイド「バリ島&ロンボク」
ロンリープラネットの自由旅行ガイド「バリ島&ロンボク」 (JUGEMレビュー »)
Ryan Ver Berkmosほか
ロンボク情報はこれにしかない。
RECOMMEND
地球の歩き方 ガイドブック D21 ベトナム
地球の歩き方 ガイドブック D21 ベトナム (JUGEMレビュー »)
ダイヤモンド社, 地球の歩き方編集室
RECOMMEND
RECOMMEND
RAKUTEN
MOBILE
qrcode
<< 厄なんて知ったことじゃないが、そうはいかない田舎は最低だと改めて思う | main | ファングーラオで逢いましょう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サイゴンで逢いましょう
意味のないタイトルを付けてしまった。旅行記を書こうと思ったのだけどこのブログでいいのかな。と思いつつ。5年ぶりのサイゴンだった。サイゴン。もちろん、べつにこだわっているわけではないから、サイゴンではなくホーチミン市といっていもいいわけだけど。で、サイゴン、いやホーチミン市のタンソンニャット空港の前に、バックパックを背負った姿の私が、ベトナムの熱い日差しのもとにあるわけです。おきまりの、声をかけてくる客引きのタクシー、その英語のフレーズを振り切って、何故にいつも英語なんだろう?などと思いながらも、道路脇に留まっている市内バスに乗りこむ。バスは市内まで2000ドン。15円くらい?タクシーは5万ドンはかかるだろうから激安。まあ、高い安いよりタクシードライバーが慣れぬ観光客から少しでも多くお金をとってやろうと、ガイドブックをみるとたいていそう書いてあるわけだけど、最近はそうでもないかな、と思ったりもしたんだけど、とにかくその対処のためにテンションをあげて、値段交渉・及びメーターをきちんと倒すか、指示通りの場所に到着するか?などと、気を遣うのがいささか面倒ということも大いにあるので。気をつけろと、繰り返すけどガイドブックにはそう書いてあるわけですね。ま、明るい昼間に付いたんだから、バスでよかろうと。手始めはこんな感じですか。旅行初日というのに、暑さに慣れてないので、テンションもあがらない。とりあえずバスの運転手に「ファングーラオ」と告げておく。慣れているのか、バス運転手も我々観光客にたいして特別な関心はなし、それでも車掌は、女性ですね、気にとめてくれたようで、これで問題なくファングーラオにつけると一安心する。で、車掌の指示により、あっさりファングーラオ通りに降ろされる。通りの南側はすっかり綺麗になって公園になっている。10年前は安宿が並んでいたんだけどね。建つと言われた商業ビルはいまだ建設中で、ファングーラオ通りの端っこにあった、昔から馴染みだった小さな店はどこだったかわからない。降ろされたバス停の向かいあたりなんだけど。一時、やぎ鍋で有名でガイドブックにも載っていた、ハノイ系の10年前からある店なのだが・・・。ハノイ系というのは、ここで話されるベトナム語が北部方言なわけです。店と言うほどもものではなく、路上に机と椅子を並べただけだけど。昔はそこで夜中までぐだぐだビアホイなんかを飲んでいたのですね。もしかして綺麗な店に変わったのかな。通りは新しい店も増えているようなかんじだし。少し歩くと、デタム通りの角にロッテリアができている。サイゴンの街に似合わなさすぎ。デタム通りの角から3軒か4軒目には、常宿にしてた、バックパッカーにとって老舗の、ベトナムでは数少ないドミトリーがあった宿、タンタンタイン。その場所は改装中なのか、内装の工事中のよう。最新の地球の歩きかたの地図にはホテル名がなかったので、もしや無いのかもと思ったのだが。やはり宿はクローズしていて。がっかりしながら、前を通り過ぎる。宿が集まる通りは、ファングーラオ通りからデタム通りに移り、最新はドークアンダオ通りに移っているようで、とりあえずはドークアンダオ通りまで。
ベトナム庶民の生活と混じっているような雰囲気の通りが好きなのかなあと後で思う。5年のうちにデタム通りは完全に観光客向けになってしまっているようだったね。
(ファングーラオ通りにて。後ろに5年以上も工事中のビルがみえている。)
| - | 19:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 19:43 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tubutubutubu.jugem.jp/trackback/6
トラックバック
道路
道路道路(どうろ)とは、歩行者、車などが通行するために設けられた通路である。一定の線形と幅員を有し、表層・基層・路盤などの舗装体と、それらを支える路床とからなる。また、道路と一体となって利用される橋やトンネル、横断歩道橋や横断地下歩道などの施設も含む
| 旅の豆知識 | 2006/04/02 4:22 AM |